赤帽 引越し 手伝い

赤帽引越し業者のデメリットは手伝いが一番ネック

赤帽って、一般の引越し業者と比べれば費用がだいぶ安いですよね。
それはわかりますし、赤帽を好んで利用している人も少なくないみたいです。

 

私は赤帽で引越しするデメリットの方が安いメリットよりも大きいと思うので、利用はしなかったんですね。

 

何が一番ネックか?といえば、ズバリ「手伝い」です。
とにかく自分も作業に参加しないといけなくなるわけですよ。

 

引越しするときは必ずといっていいほど重たい荷物を運ばないといけなくなります。
冷蔵庫とかタンスとか、デスクとか、こういうのは重いですよね?
赤帽の作業員さんは1人で作業するため、頻繁に手伝いしないといけないということです。
こっちの作業量も多いと、「引越し業者に依頼しないで自分だけで作業しても同じなのでは・・?」と思ったりします。

 

まぁ、全部が全部手伝いが必要なわけでもないんですけども。
赤帽の業者さんもけっこう一様なので、みんな同じわけでもないんですよね。
なかにはかなり手荒い作業をする赤帽作業員もいたりして、物が壊れる危険もあるかもしれません。
引越しのプロ業者よりは雑になるのは否めないと思いますから、壊れやすい荷物は自分で手伝って運んだ方がいいかもしれませんよ。

 

あとは、引越し屋さんと比べると輸送するトラックのサイズが小さいので、運ぶ荷物の量が多いと車内が一杯になってしまって。
一度に運べないので、これも困ったことになってしまいますね。。
自分の車も使えるのなら、自家用車でも手伝いする必要も出てきそうです。

 

赤帽は引越しの料金相場がだいぶ安いメリットはたしかに大きいです。
ただし、それだけこういう手伝いなどのデメリットもあるので、赤帽の作業員にお任せするのが不安なら普通の引っ越し業者に依頼するのが無難でしょうね。

 

私も引越し業者の方で依頼しましたが、なかには安い会社も見つかりましたので。

 

↓の見積もりなどを使うと住んでいる地域で安い業者探しもできます。

 

引越し侍という見積もりサービスです

 

 

赤帽ほどの格安さではないですが、普通に業者を近場で探すよりはだいぶ安く済んだ気もします。