引越し 冷蔵庫だけ 赤帽

赤帽で冷蔵庫だけ引越ししてもらいたい場合はどうするか?

赤帽で冷蔵庫だけ引越ししてもらいたい場合

 

冷蔵庫を新しいものに買い替えたりして子供たちに譲りたいとか、あるいは赴任先に送りたいというようなことで、冷蔵庫だけを引越したいというケースがありますよね。

 

その場合に頭に浮かぶのは、赤帽引っ越しサービス・・ということが結構多くあるはずです。

 

少しだけの荷物の場合は、小回りが利いて料金が安く、使いやすいのが赤帽だからです。

 

赤帽引越しにもいろいろ制約はあるのですが、特に単身の引越しの場合はおすすめな点も多いです。

 

では、冷蔵庫だけ引越し・・という場合、赤帽でいいかどうか?というと、少し考える必要がありますね。

 

赤帽の引越しの場合、細かい規定料金が定められています。

 

例えば1ドアとか2ドアで料金は異なりますし、大きさでも異なります。

 

運ぶ先や運び出す元が一階であるかどうか、二階以上の場合エレベータがあるかどうか?でも違ってきます。

 

さらに積み下ろしのときにサポートできる人がいるかどうか?でも異なりますし、距離でも違ってきますね。

 

赤帽を利用するなら、引越し先との距離が近いかどうか?みたいなことも考慮してみるといいかもしれません。

 

結局、それらの累積計算になるので、たった一つでも意外な料金になることがあります。

 

最低でも5千円近くなるので、やはり事前に見積もりを取ることがおすすめになります。

 

そしてその場合、今は運送業者も様々なサービスをしているので、引越し会社での相見積もりを取るのが良いのですね。

 

特に料金を抑えるためには、必須のことになりますので。

 

結局、赤帽よりも一般的な引越し業者を利用した方が安かった・・というケースも出てくるかもしれませんし、そうでなくても作業の手間などの負担の点で、引越し業者はお任せできるところが多いです。

 

ただ赤帽を使った経験がある人で、赤帽の良さ(馴染み、家庭的、細かい配慮など)でお願いしたいというのであれば、できるだけ安くしてほしい・・ということを率直に述べて、見積もりしてもらうことがいいでしょう。